--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/03/25 (Wed) 鉄道。

先日。
スタッフなかやまちゃんが、東京出張!
ゴールデンウィークに個展を油亀にて開催。
増田光さんと会ってまいりました。

そして。
なかやまちゃんに続けとばかりに。
スタッフAも東京へ。
ちなみに、東京へ行くときは新幹線。

飛行機は、その昔。
とっても怖い思いをしたので、外国行くとき以外は、極力避けます。

だから、沖縄も。
いまだ、いけていない。
行くとしたら、フェリー。
でも、ものすごーく時間がかかる。
一日は乗っていないといけない。
そこまでの根性がないので、沖縄に憧れをもちつつも。
未だ未踏の地。

さて。
東京駅は、北陸新幹線開通を祝して。
北陸フェア。
恐竜の化石が、ちょっとだけ展示していると聞きつけ。
勇んでいけば、すぐ横で北陸名産フェア。
福井の冬といえば、水ようかん!
冬限定のあの水ようかんが目の前に!!
恐竜そっちのけで、列に並ぶ。
食欲には勝てなかった。

ああ、年をとったとしみじみ。
子どものころは、あんなに恐竜が好きだったのに。
フタバスズキリュウにあこがれて。
学研の「恐竜のひみつ」を図書室で何回も借りて読んだ。
あの情熱はすべて。
食欲に奪われたのか・・・・。

だが。
まだまだ、鉄道への愛は廃れていない。
電車のデザインを観ることに、喜びを感じる。
車窓をぼけっとながめて、ただただ無心でいることを、幸福に感じる。
なにより。
路線図を眺めながら、まだ降りたことのない駅に、夢をはせることが大好きだ。

というわけで。
油亀には鉄道の本が置いてある。
お客さまがお子さん連れで来られたときに読んでもらいましょう!
そんな体で、無造作にぽーんと。
絵本にまぎれさせているのですが・・・。
単に、個人的趣味だと代表には内緒にしているのであった。

だから。
もし、油亀キッズとベイビーが鉄道好きになったら。
その一端は、まあ自分にあるかなと。
今日、この光景を観て思うのであった。



なかよしきょうだい鉄道地図
キッズとベイビー。
仲良く読書。

気のせいだろうか。
ベイビーが、かなり真剣にみている。
鉄道マニアへの片鱗がかいまみえたのであった。

アートスペース油亀企画展
「豆皿だけのうつわ展」
3月29日(日)まで。
詳細はこちらへどうぞ。

亀の壷 |


2015/03/24 (Tue) 牛乳と爆竹

この冬。
何度お世話になったことか。
八木橋昇さんのミルクパン。

もはや、冬の必須アイテム。
これでミルクを温めて。
一保堂の宇治清水(グリーンティー)を投入。
極上のロイヤルグリーンティーの出来上がり。



宇治清水2015
抹茶とグラニュー糖、ミルクのコラボレーション。

ちなみに。
おもいっきり贅沢バージョンのときは、木次乳業の牛乳を使います。
普通の牛乳より高いので、頻繁にはできないけれど。
やはり、味が違う!
抹茶の香りが全然違う!!

なぜかといえば、牛乳が違うから。
木次乳業の牛乳は、匂いがしない。
あの匂いがダメで、子どものころは本当に苦労したものです。
匂いがいやで飲めないと訴えても。

え?
しないよ。
気のせいだよ。
早く飲みなよ。

言われたものです。

だから。
大人になって匂いがしない木次牛乳に出会ったとき。
ああ、世界はなんて広いんだ。
世の中にはしらないことがいっぱいある!
感動したことを覚えています。

今現在。
子どものころより、匂いは気にならなくなった。
しかし未だに、普通の牛乳はそのまま飲めない。

なので。
親戚の子どもに怒られたことがありました。

子ども:ねえねえ、おばちゃんも牛乳飲む?

スタッフA:ううん、いらない。

子ども:なんで、牛乳のまないとおっきくなれないよ

スタッフA:飲まなくても、おっきくなれるよ

子ども:もう、子どもみたいなこといわないでよ!

※実話です。

さて。
幼少の自分が、匂いがしない牛乳を知らなかったように。
陶芸の世界においても。
え?
こんなふうに作るの??
時折、世界を広げてくれる人がいます。

そうか〜。
爆竹か〜。

とまあ、爆竹がどうして陶芸に関係があるのか?
それは、5月のとある展覧会にて分かることでしょう。
ああ、作品を早く見たい。

もちろん。
現在開催中。
豆皿だけのうつわ展でも。
思いもよらない作り方で、生み出された豆皿があるかもしれません。

アートスペース油亀企画展
「豆皿だけのうつわ展」
詳細はこちらへどうぞ。

八木橋昇 |


2015/03/22 (Sun) たい焼きくん。

子どものころ。
夢にも思っていなかった。
自分を取り巻く世界が、ものすごく狭いものだとは。

大人になって。
様々な人と出会い。
経験を積み。
世界がいかに広く。
自分が「ふつう」だと思っていたことが、実は「ふつう」じゃなかったり。
一方、自分が「変わっている」と劣等感を抱いていたことが。
実は、ある世界では羨ましがられたり。

そう。
とにかく世界は広いのだ。
日本だって、狭い島国というけれど。
十分広い。
多種多様な食文化。
一生かかっても食べきれるかどうか・・。

だからというわけではないですが。
ここに白状しましょう。
世の中に、スタッフAと同じような人。
いると思います。

私は、たい焼きを食べたことがありません!

え。
そんな人いるのか?
本当に日本人か??

代表のつっこみが入ってきそうですが。
仕方ない。
食べたことがないんだから。
そもそも。
どこへ行けば、食べられるのでしょうか・・・・。

こんな体だから。
某人気刑事ドラマ。
まだテレビをよく見ていた頃のこと。
トリックにたい焼きがでてきても。
イマイチ、ピンとこなかった。
そのたい焼きトリックが実現できるのか?
調べようとしたけれど。
たい焼きを買える場所がわからなくて、断念。

そのくせ。
たい焼きには「養殖」と「天然物」があると知って。
マニアックなたい焼きファン向けの本を、ちゃっかり読んでみたり。
でも、現物を食べたことがないから、頭に入ってこないのであった。

ああ、たい焼きよ。
いつか食べることはできるのだろうか?
その日がくるまでは。

今回の展覧会。
初日であっという間に、完売。
本日、ついに再入荷。
新たに焼きあがったたい焼きくんの豆皿で。
たい焼きに想いを馳せよう。

須賀文子さんの豆皿。
たい焼きくん、満を持しての登場です!



たいやきくん2015須賀さん
焼き具合はお好みで。

アートスペース油亀企画展
「豆皿だけのうつわ展」
3月29日(日)までです。
詳細はこちらへどうぞ。

須賀文子 |


2015/03/21 (Sat) 海外デビュー?ノザキさん。

韓国ドラマを、きちんとみたことはありません。

韓国映画は一つだけ、観たことがあります。
「王の男」という映画でして。
岡山の映画館で観て、はまりにはまり。
その後、神戸に所用があって行った際、やはりまた観る。

ちなみにこのとき、しみじみと感じる。
岡山と神戸では「笑い」のポイントが違うのだと。
岡山で、まったく笑いが起きなかったところで、神戸の人は笑っていた。
やはり、関西ゆえなのか?

もちろんその後、DVDはお買い上げ。
何度も繰り返し観る。
あんなにハマった映画は、「ドラえもん のび太と雲の王国」以来の出来事だった。

さらに。
「王の男」以外は、韓国エンタテイメントとは縁がないにもかかわらず。
なぜか、京都は南座を通りかかったとき。
韓国ミュージカルを上演していて、「お、ちょっと観てみるか」と。
軽いノリで観劇したら、これまたハマってしまった。
原作は、テレビドラマ。
勢いで、すぐにDVDを買いそうな勢いだったけれど。
買うと、自分は部屋から出てこれなくなる。
続きが気になりすぎて、出社拒否必至。
こらえにこらえて、もう一回。
そのミュージカルを観たのであった。

さて。
長々とマイ韓国エンタテイメントヒストリーを述べてきましたが。
ここにきて。
新たな一ページが加わります。
いえ、正確には私はあんまり関係ないのだけれど・・・。

「珈琲のための器展」専属モデル。
ノザキさん。
本日、韓国のテレビ局の方から密着取材!
油亀でロケをしたのでありました。
果たして、どんな仕上がりなのか?
ついに、ノザキさん海外デビュー。
4月に韓国で放送予定。
それでは、ロケの写真をどうぞ。



ノザキさん、海外進出!



アートスペース油亀企画展
「豆皿だけのうつわ展」は3月29日(日)まで。
詳細はこちらへどうぞ。

亀の壷 |


2015/03/20 (Fri) 正解は知らない。

今回、大人気。
タナベヨシミさんの、カルタ豆皿。
どんどん、巣立っていきます。

ただ。
時々、難問があって。
これはいったい何を示しているのか?
スタッフ、大いに悩むのであった。

ちなみに悩んだのは「き」「る」「ろ」
考えた結果。
「き」はキャベツだろうと、断定。
お客さまにも「キャベツです」と高らかに宣言。
巣立っていきました。
えー。
今になって、不安。

そして「る」
これは、勝手に「ルネッサーンス」と断定。
お客さまに自信満々に伝えました。
巣立って行きました。
これまた、今になって不安。

さらに。
「ろ」
これはまだ巣立っていないのですが。
勝手に「ロシアの人」と断定。
果たして、間違っているのかいないのか。
ああ、不安で夜も眠れません。
本当です。
ちなみに、家人によりますと。
先日、スタッフAは「ロシア仮面〜」
そんな寝言を叫んでいたそうです。

それでは、大いに悩ませる「ろ」のカルタ豆皿。
みなさまも一緒に考えてみませんか?




ロシアの人だと思います、多分。
この帽子が、ロシアの人を連想させます。
大好きなロシア革命を題材にしたマンガから、
勝手にレオニードと命名してます。


タナベさん。
間違っていたら、ごめんなさい!!

アートスペース油亀企画展
「豆皿だけのうつわ展」
3月29日(日)まで。
詳細はこちらへどうぞ。


タナベヨシミ |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)

Author:油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)
油亀一、いや日本一の気まぐれ?油亀代表をふりまわす、スタッフAこと多夢タム。ローカルなアダ名過ぎて、ほとんど呼んでくれないのが悩みのタネ。興味があることが多すぎて、あっちにこっちにフラフラ。夢がたくさんありすぎるのでございます。
そんな多夢タムがお送りするのは、企画専門のギャラリー「アートスペース油亀」のドタバタ劇。ひとつの展覧会ができるまでの舞台裏。スタッフがこっそりお見せしちゃいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する