--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/03/29 (Sun) 貴重種

すっかりとご報告が遅くなりましたが。
先日。
代表はラジオに生出演。
油亀からの生中継。

最近。
どんどん、メディア出演も板についてきた。
うん、貫禄がでてきた。
トレードマークのマッシュヘアーも。
最初は、思わず拒否してしまったけれど。
慣れというのは、恐ろしいもので。
今では、ぜんぜん気にならなくなりました。

ただ。
スタッフたちは、ほぼ毎日みるから慣れているだけで。
久方ぶりに来られたお客さまとか。
一年ぶりに会う作り手の方とか。
びっくりすることも、しばしば。

マッシュ男子。
いや、もう「子」ではないな。
マッシュ男(オトコ)といえば、油亀の彼だ!

そう言われるくらい。
これかららも頑張っていってほしいと。
豆皿展、最終日。
しみじみと思うのでした。



代表ラジオ2015豆皿
もう、この髪型以外は考えられない・・・。

アートスペース油亀。
オープンして八年目。
毎年毎年。
激動の日々。
大波小波にのまれそうになりながらも。
なんとか乗り切ることが出来た。
スタッフみんなのおかげです!
なんて。
代表にちらりとでもいいので。
言って欲しい。

スタッフAは、ばーんとはっきり言っちゃうので。
その旨、お伝えしたところ。

代表:いや、オレって不器用やん。

スタッフA:そういうセリフは、高倉健さんしかいっちゃだめ!

代表:誰、それ?

スタッフA:・・・・絶句。

健さん主演。
金田一耕助ドラマのDVDまで持っているスタッフA。
健さんを知らない人に初めて会いました。
代表は貴重種です。

アートスペース油亀企画展
「豆皿だけのうつわ展」は本日最終日。
詳細はこちらへどうぞ。

スポンサーサイト

亀の壷 |


| TOP |

プロフィール

油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)

Author:油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)
油亀一、いや日本一の気まぐれ?油亀代表をふりまわす、スタッフAこと多夢タム。ローカルなアダ名過ぎて、ほとんど呼んでくれないのが悩みのタネ。興味があることが多すぎて、あっちにこっちにフラフラ。夢がたくさんありすぎるのでございます。
そんな多夢タムがお送りするのは、企画専門のギャラリー「アートスペース油亀」のドタバタ劇。ひとつの展覧会ができるまでの舞台裏。スタッフがこっそりお見せしちゃいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する