--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/03/28 (Sat) 音楽室の情景。

薄々とわかっていると思う。
今まで、このブログを読んでくださったみなさまは。
スタッフAが恐ろしいほどの不器用だということを。
ちなみに。
ライターやマッチの付け方は、代表に教えてもらいました。

なんでつけれんのや〜

しらんわ、言うとおりやってもつかんのじゃわ!

そんなやりとりをすること、数百回。

今では、ライターもマッチもつけることが出来ます。
なんとか・・・・。

なので。
楽器の類ももちろん、苦手です。
いやだった音楽の時間。
ハーモニカ、オルガン、ピアニカ、木琴、鉄琴。
歌も音痴だし、ろくな想い出がありません。
そのくせ、聴くのは好きで。
ショパンばっかりいている。
その事実を知ったとき、代表はふふんと鼻で笑った。
クラシック〜!!!
Aさんが??
ジャニーズじゃないの。
ほら、なんとかなんとかっていうやつ!
代表、一文字もかすってないよ・・・。

しかしだ。
代表もドビュッシーを聴いていたことがある。
あれは、事件だった。
一大事件。

いつもは、よくわからん。
私に言わせればへにゃほにゃりんミュージック。
つまり。
代表とスタッフAが同じ部屋で仕事をするとき。
BGMをめぐって争いが勃発することしばしば。
最近では、かけないことが暗黙の了解となったけれど。
昔は、本気で覇権争いをしていたのであった。

とまあ、がっつり話がそれましたが。
スタッフAは、音楽の成績が非常に悪かった。
五段階で二。
かろうじて一は免れていた。
思い返せば、一で当然なんだけれど。
先生、ありがとうございます。

当時、一番苦戦したのがアコーディオン。
あれをスイスイ弾きこなしている同級生が眩しかった。
同じ人間なのか?
なぜ、私は出来ないんだ?
ここでへこんで練習すれば、せめて三ぐらいもらえたのだろうか。
諦めが猛烈に早い自分は、練習はもちろんしないで。
音楽の時間は、同級生が奏でるメロディを子守唄がわりに眠っていたのであった。
そんな甘ずっぱい想い出を、呼び覚ましたアコーディオン。
絶賛ご予約受付中。



アコーディオンの豆皿
三浦圭司さん作、アコーディオン豆皿。

小学校の頃。
音楽室の情景が浮かび上がってきました。
名前はすっかり忘れちゃったけど。
あの女の子。
アコーディオン、上手だったなぁ。

アートスペース油亀企画展
「豆皿だけのうつわ展」
いよいよ明日まで。
詳細はこちらへどうぞ。

スポンサーサイト

三浦圭司 |


| TOP |

プロフィール

油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)

Author:油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)
油亀一、いや日本一の気まぐれ?油亀代表をふりまわす、スタッフAこと多夢タム。ローカルなアダ名過ぎて、ほとんど呼んでくれないのが悩みのタネ。興味があることが多すぎて、あっちにこっちにフラフラ。夢がたくさんありすぎるのでございます。
そんな多夢タムがお送りするのは、企画専門のギャラリー「アートスペース油亀」のドタバタ劇。ひとつの展覧会ができるまでの舞台裏。スタッフがこっそりお見せしちゃいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する