--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/07/30 (Wed) 海の思い出。

海のすぐ近くに生まれました。
学校の窓からは、海、島、船。
青い空、白い雲。

なのに。
海の思い出は、ほとんどありません。
増えるのは、山の思い出ばかり。
スタッフAにとって。
海は愛でるもの。
山は登るものだった。

そして、ここに一人。
スタッフAとは対照的。
海の思い出を着々と、増やす少年がいる。
油亀キッズ。
彼は、海辺で何をしているのか?



海水浴こじま1
ペットボトルにいれましたのは?
海水。
海藻。
砂。

主役はこちら!



海水浴こじま2
ヤドカリ〜

油亀キッズ。
夏のお友達が増えました。
いいねえ。
こちとら、海の動物、思い出といば、フナムシぐらいしかおりません。

スタッフA。
果たして、今後、海の思い出はできるのか?


スポンサーサイト

亀の壷 |


| TOP | next >>

プロフィール

油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)

Author:油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)
油亀一、いや日本一の気まぐれ?油亀代表をふりまわす、スタッフAこと多夢タム。ローカルなアダ名過ぎて、ほとんど呼んでくれないのが悩みのタネ。興味があることが多すぎて、あっちにこっちにフラフラ。夢がたくさんありすぎるのでございます。
そんな多夢タムがお送りするのは、企画専門のギャラリー「アートスペース油亀」のドタバタ劇。ひとつの展覧会ができるまでの舞台裏。スタッフがこっそりお見せしちゃいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する