--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/04/30 (Wed) 幸せの金魚ちゃん

子どもの頃に読んでいたマンガ。
そこには並々ならぬ思い出が。

例えば、北斗の拳。
聖闘士星矢。
セーラムーン。
なな色マジック。
ダイの大冒険。
ピグマリオ。

そして。
これを忘れちゃいけません。
きんぎょ注意報。

なかよしに連載されたていた、このマンガ。
アニメにもなって。
ずいぶんと夢中になった。
非常に思い入れがあるマンガでございます。

このマンガのキーパーソン?
ピンク色の金魚のぎょぴちゃん。
時価数億円ともいわれる、スーパー金魚。

なにせ、海でも泳げる。
空でも泳げる。
人間と会話も出来る。
大好物は、ポテチ。

そんなぎょぴちゃんの周囲には、愉快な人間、動物盛りだくさん。
笑いが絶えない、ハッピーなマンガです。

子ども心に。
ウチにも、ぎょぴちゃんがいたらいいのにと。
願ってはやいくとせ。
ついに、めぐりあいました。
これこそハッピー金魚。

悪しきオーラは、ツブツブで吸収。
ハッピーオーラに変換しちゃうかも。
それでは、お目見え、ジャジャジャーン。





20144302
あら、よんだかしらん?
ワタクシ、ハッピー金魚よん。

生み出したのは、もちろん、
柳忠義さんでございます。

アートスペース油亀企画展。
柳忠義・タナベヨシミのうつわ展「ハッピー・プラネット」
5月6日まで開催中♪


スポンサーサイト

柳忠義 |


| TOP | next >>

プロフィール

油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)

Author:油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)
油亀一、いや日本一の気まぐれ?油亀代表をふりまわす、スタッフAこと多夢タム。ローカルなアダ名過ぎて、ほとんど呼んでくれないのが悩みのタネ。興味があることが多すぎて、あっちにこっちにフラフラ。夢がたくさんありすぎるのでございます。
そんな多夢タムがお送りするのは、企画専門のギャラリー「アートスペース油亀」のドタバタ劇。ひとつの展覧会ができるまでの舞台裏。スタッフがこっそりお見せしちゃいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する