--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/02/28 (Fri) 疲れたら休めばいい

油亀において。
唯一。
スタッフが熱望して。
代表に、こんなすごい人がいるんだ!
推して推して推した!!
画家、吉行鮎子さん。
初めて出会ったその日から。
紡ぎだされた世界の虜。

思い返せば、いろんな絵を観てきた。
もう、本当にたくさん観てきたといっていい。
そのなかで。
心に残った画家といえば・・・。

フランス・ハルス
フェルメール
ルソー
セラフィーヌ・ルイ
ノーマン・ロックウェル
熊谷守一
田中一村
高島野十郎
原田直次郎
他にもたくさんいるけれど。
そうそうたるラインナップのなかでも、吉行鮎子さんの存在感は格別。

昨日のブログで「心から惚れ込んでいる」と言ったのは、ずばり!
彼女のこと。

2012年4月の個展。
「瞑想トラベル」から、二年。
進化した吉行鮎子ワールドが、ついにお目見え。

吉行鮎子絵画展
「疲れたら休めばいい」
4月5日(土)からです。

疲れたら休めばいい2014


スポンサーサイト

アートのこと |


| TOP | next >>

プロフィール

油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)

Author:油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)
油亀一、いや日本一の気まぐれ?油亀代表をふりまわす、スタッフAこと多夢タム。ローカルなアダ名過ぎて、ほとんど呼んでくれないのが悩みのタネ。興味があることが多すぎて、あっちにこっちにフラフラ。夢がたくさんありすぎるのでございます。
そんな多夢タムがお送りするのは、企画専門のギャラリー「アートスペース油亀」のドタバタ劇。ひとつの展覧会ができるまでの舞台裏。スタッフがこっそりお見せしちゃいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する