--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/01/31 (Thu) 井上尚之さんのミルクピッチャー

世の親というものは、子どもにコーヒーを飲ませるものなのでしょうか・・・。
子どもの頃、我が家では普通にコーヒーが出てきました。
保育園の頃には、すでに飲んでいたように思います。
そんな子どもでしたから。
たまにミロがあったら、大興奮していました。

さてさて。
我が家のコーヒーは、インスタントコーヒー。
粉をいれてお湯を注ぎ、ミルクをいれて、角砂糖を三個。
大人になるにつれ、角砂糖の数は三個、二個、一個と減っていき・・。

それでもミルクは高校生の頃まではいれてましたが。
次第にいれなくなり。
ついには、ブラックで飲みほすようになりました。

子どもの頃から、コーヒーは日々の生活とともにあり。
大学生のときには、コーヒー専門店デビュー。
今にいたるまで、コーヒーに愛を注いでいます。

でも。
一度はさよならをしたミルクだったはずなのに。
今では、ミルクたっぷり注いだ、コーヒーミルクが大好物。
どうしてそうなったのかは、判然としませんが・・。
ミルクだけは欠かせません。
どのミルクがいいか、日々悩みます。

そしてミルクに悩んだ後は!
ミルクを注ぐために、とっておきのミルクピッチャーがいるでしょう!
ということで。
油亀がミルクピッチャーの作成をお願いしたのは、井上尚之さん☆
彼が生み出す、スリップウェアの世界。
ミルクをいれて、カップに注ぐ。
この日を夢見て。
なんと!
一年待ちで作っていただいたのです。

というのも。
井上尚之さんの作品は、大人気。
入手困難なのです。

それでは、一年越しのラブコール。
井上尚之さんのミルクピッチャーをどうぞ。





ミルクの白色がよく映えますよ~



ミルク以外にも、ドレッシングや調味料をいれても、おしゃれです!

と、ここで。
冒頭の疑問に戻ります。
子どもがある程度成長しないと。
親はコーヒーはあんまり飲ませないものなのでは?
「眠れなくなるから」がその理由の筆頭でしょうが・・。

子どもの頃からコーヒーを飲み続けた結果でしょうか。
寝る前にコーヒーを飲んでも。
それで眠れなくなることはないのです。
むしろ、寝る前に、一日の締め。
コーヒーを、いやコーヒーミルクを飲みながら、片手に本を持ち。
音楽を聴いていると・・・
コーヒーミルクを飲みほす頃には、睡魔が襲ってくるのでありました。

アートスペース油亀企画展
「珈琲のための器展 うつわの数だけ、味がある」
2月9日(土)からです!
詳細はこちらへどうぞ~


スポンサーサイト

うつわのこと |


| TOP | next >>

プロフィール

油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)

Author:油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)
油亀一、いや日本一の気まぐれ?油亀代表をふりまわす、スタッフAこと多夢タム。ローカルなアダ名過ぎて、ほとんど呼んでくれないのが悩みのタネ。興味があることが多すぎて、あっちにこっちにフラフラ。夢がたくさんありすぎるのでございます。
そんな多夢タムがお送りするのは、企画専門のギャラリー「アートスペース油亀」のドタバタ劇。ひとつの展覧会ができるまでの舞台裏。スタッフがこっそりお見せしちゃいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する