--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/02/27 (Sun) 亀山サ苗さんの「スゥイート・タイム」

珈琲のための器展。
無事に二日目を迎えました。
本日もたくさんのお客様にお越しいただきました。

今回の展覧会は、いろんな作家さんにご参加いただいています。
どの作家さんも油亀いちおし!
大好きな作家さんばかり。

でも。
でもでも。

そのなかでも、特に!!
個人的には、この作家さんのこの器がすきなんだーーーー!
そんな作品がございます。

そんなスタッフのお気に入りは、気がつけばお嫁入りしていく・・。

嬉しい。
しかし、悲しい。
でも、やっぱり嬉しい。

たとえば、こちら。




亀山サ苗さんのミルクピッチャー。
その名も「スゥイート・タイム」

初めて眼にしたその瞬間。
ずきゅんどきゅんと胸が射抜かれた作品です。
そしてあっというまに旅立っていきました。

さようなら「スゥイート・タイム」

珈琲のための器展。
明日からは平日。
土日に比べて、比較的ゆっくりとお過ごしいただけると思います☆

スポンサーサイト

うつわのこと | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)

Author:油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)
油亀一、いや日本一の気まぐれ?油亀代表をふりまわす、スタッフAこと多夢タム。ローカルなアダ名過ぎて、ほとんど呼んでくれないのが悩みのタネ。興味があることが多すぎて、あっちにこっちにフラフラ。夢がたくさんありすぎるのでございます。
そんな多夢タムがお送りするのは、企画専門のギャラリー「アートスペース油亀」のドタバタ劇。ひとつの展覧会ができるまでの舞台裏。スタッフがこっそりお見せしちゃいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する