--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/11/21 (Sun) 本日、お菓子日和

この展覧会がおわるまで・・

お菓子の話ばかりしそうな気がしている今日この頃・・・。

現在、お菓子のためのうつわ展。

鋭意準備中です。

油亀では、お茶菓子として、和三盆をお出しすることがあります。

この和三盆。

香川と徳島のごく一部でしか作られていない、とっても貴重なお砂糖。

美味しい和菓子にはかかせないお砂糖です。

雪のように白く柔らかなこの和三盆。

口にいれてみると、すぅっととけていきます。

そんな和三盆を贅沢につかったお干菓子は、たまらなく美味しいです。

なかでもおすすめなのが、こちら!

じゃじゃん。

鍵善良房の菊寿糖!

http://www.kyoto-wel.com/shop/S81108/ichiran.html?category_code=52

鍵善良房は、京都の和菓子屋さん。

創業は江戸時代という伝統の名店!

繊細な菊のかたちに、見ほれます。

菊寿糖には、どんなおさらがにあうだろう??

喫茶店もあるのですが・・。

ここで食べる葛きりが、たまらなく美味なのです。

京都にいったら、ぜひいってほしいお店です。

スポンサーサイト

うつわのこと | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)

Author:油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)
油亀一、いや日本一の気まぐれ?油亀代表をふりまわす、スタッフAこと多夢タム。ローカルなアダ名過ぎて、ほとんど呼んでくれないのが悩みのタネ。興味があることが多すぎて、あっちにこっちにフラフラ。夢がたくさんありすぎるのでございます。
そんな多夢タムがお送りするのは、企画専門のギャラリー「アートスペース油亀」のドタバタ劇。ひとつの展覧会ができるまでの舞台裏。スタッフがこっそりお見せしちゃいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する