--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/08/22 (Fri) 母もツチノミを作っていた。

一年が経つのは、本当に早いものです。
あれは10歳の誕生日のこと。
スタッフは自問自答していた。

なぜ、生きてるのか。
生まれて10年。
そのうち、2歳ぐらいまではまったく記憶が無い。
だから実質、人生8年生きてきた。
その長く退屈だったこと。
これを命尽きるまで、繰り返すのか。
20歳になるなんて、夢のまた夢。
人生は、なんてしんどいんだろう。

とまあ、このようなことを真剣に考えていたわけです。
あれは、本当に自分だったのだろうか。
なぜ、あのような哲学的なことを考えていたのか。
謎です、謎、ミステリー。

今、10歳の自分に会えるなら、声をかけたい。
20歳も30歳も40歳も。
あっという間に迎えるから、心配ないと。

特に、油亀にいますと。
どんどん、時が流れて。
はい、今年は終わりでーす。
新たなる年を迎えることになる。

とまあ、前振りはこれぐらいにしときまして。
今回の展覧会。
昨年の6月のある出来事がきっかけで。
急遽、企画。
それ以降。
折にふれて、土のことを考えてきた。
あれから一年。
光陰矢のごとし。
ほんと早かった。

というわけで。
2013年の夏休みも。
「ツチノミ」に向けて。
先日、油亀キッズが体験したように。
油亀ファミリーより、うつわ制作に赴いた者が一人。

キッズの母は、土といえば、このうつわ!
備前焼。
高力芳照さんの工房で、土に触れる。



高力さん工房しほさん2014

一年をかけてお目見えする、ツチノミたち。
高力芳照さんのツチノミをお楽しみに〜

アートスペース油亀特別企画展
「ツチノミーうつわは土の果実ー」
8月30日(土)からです。
詳細はこちらへどうぞ。




スポンサーサイト

高力芳照 |


| TOP |

プロフィール

油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)

Author:油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)
油亀一、いや日本一の気まぐれ?油亀代表をふりまわす、スタッフAこと多夢タム。ローカルなアダ名過ぎて、ほとんど呼んでくれないのが悩みのタネ。興味があることが多すぎて、あっちにこっちにフラフラ。夢がたくさんありすぎるのでございます。
そんな多夢タムがお送りするのは、企画専門のギャラリー「アートスペース油亀」のドタバタ劇。ひとつの展覧会ができるまでの舞台裏。スタッフがこっそりお見せしちゃいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する