--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/09/24 (Wed) 花の輝き

昔は、よくみつけていたはずなのに。
今は、とんとみかけなくなった。

何の事はない。
成長したからだ。

大人になった。
いつも上に上に、伸びようとがんばって。
いつしか、足元に広がる世界を忘れていた。

ほら、立ちどまるんだ。
しゃがんだらいい。

ほら、みえてきた。
ひとはなひとはな、輝きを放つその花が。


岡美希作「花の輝き」





岡美希多い布ふぐり2


岡美希オオイヌノフグリ1



スポンサーサイト

岡美希 |


2014/07/20 (Sun) ピクニック・ウェディング

形式ばったことが苦手で。
子どものころから「式」と名のつくものには、及び腰。
成長してもそれは変わらず。
大学の卒業式は、欠席しようと思っていたところ。
計画が事前に発覚。
結局、出席。

あれから時を経て。
少しは「式」恐怖症はおさまったと、言いたいところですが。
ますます、ひどくなっているような気がします。

が、しかし!
この方の結婚式は、とにかく楽しみで楽しみ。
その日が来るのを心待ちにしておりました。
そもそも。
式というより、結婚パーティー!
コンセプトは、青空の下、ピクニックウェディング!!

あいにく。
当日は雨ふりで、室内でのパーティーとなりましたが。
熱気につつまれて。
気分は爽快。
みんなの心には、晴天の空が澄み渡っていたことでしょう。

というわけで。
陶芸家、岡美希さんの結婚パーテイー。
ピクニック・ウエディング。
その模様を、ちらりとご紹介。

新郎新婦の入場は、ダンスでスタート!
会場中を華麗なステップで進みます。
二人の楽しそうな様子は、みんなに伝わったのか。
出席者も一緒に、踊る、踊る、踊るのでありました。



おかみき結婚パーティー1
とっても楽しそう♪

先頭のウエディングドレスの女性が、岡美希さんですが。
岡山の岡美希ファン。
岡さんがどんな方と結婚したのか、気になっているのに。
この写真だと、パートーナーが誰なのか、わからないじゃないか。
思われるやもしれません。
岡さんのすぐ後ろの、緑色の半ズボンの男性なのですが・・・。
ちょうど、顔が隠れております。

というわけで。
岡さんのパートーナー。
もっとよくわかる写真をご用意いたしました。
こちらでございます♪



おかみき結婚パーティー2
岡さんのパートナーの小野さん。
二人仲良く、ケーキ入刀。


この後も、さらに踊る、踊る、踊る。
感動のフィナーレを迎えたのでありました。

ちなみに。
スタッフは、パーティーに夢中だったもので。
本日の写真は、出席者のかたにご提供いただきました。
ありがとうございます!

岡さん。
小野さん。
末長くお幸せに♩

岡美希 |


2014/06/30 (Mon) ラブチキン☆

若かりし頃に。
一つや二つ、思い出すだけで恥ずかしい!
いきがっていたな・・・自分。
そんな思い出があるものです。
今日は、本邦初公開。
いきがっていたメモリー、陶芸編。

陶芸において。
オブジェには、辛い人間だった。
とりわけ、動物のオブジェには。
どんなに可愛く作っても。
結局のところ、そこには命が宿っていないから。
疾走して、羽ばたいて、飛び上がって。
鳴き声をだして、寝転んで、ご飯を食べて。
生きている動物たちが持つ命のパワーの前には、しょせんまやかしの可愛さだと。
思っていた、若かりし頃。

だけれども、それは思いあがりだと教えてくれる。
そんな動物オブジェに会いましたとさ。
本来、宿っていない「命」を感じて。
そのオブジェを選んだ方が、満面の笑み。
ものすごく嬉しそうに、その子を連れ帰っていく。
連れ帰ったあとも。
我が家で元気にしてますよと。
写真をみせてくれる。
そんな作品が、油亀にやってきたあの春の日から、はや一年あまり。

陶芸家岡美希「ラブチキン」

この子を選ばれたIさんより。
今現在の様子を教えて頂きまして。
とってもかわいがってくれている様子に、感涙。
お花畑の中で、スーパースマイル。



ラブチキン2014岡美希
やあ、美希ちゃん、久しぶり!
Iさんちで元気にやってるよ〜
美希ちゃんが作ってくれた羽のハートで、ラブラブパワー全開さ!!

ラブチキンちゃん以外にも。
岡さんが生み出す動物オブジェ。
いろいろな方のもとへ、旅立っていきました。
あのヤギちゃんは元気にやっているかしらん。


正直。
可愛らしさだけなら、もっと可愛いものがあるかもしれない。
精巧さや緻密さなら、もっと優れているものがあるだろう。
でも。
岡美希が生み出す「生命力」と。
何より「愛」にあふれている動物オブジェを、私は知らない。

個展から、はや一年。
「岡美希さんは、次はいつ出展しますか?」
そんなお問い合わせを多数頂いております。
近日中に嬉しいお知らせを、発表できるかもしれません。
岡さんが生み出すラブラブパワーが、再び油亀に?
どうぞお楽しみに♪






岡美希 |


| TOP |

プロフィール

油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)

Author:油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)
油亀一、いや日本一の気まぐれ?油亀代表をふりまわす、スタッフAこと多夢タム。ローカルなアダ名過ぎて、ほとんど呼んでくれないのが悩みのタネ。興味があることが多すぎて、あっちにこっちにフラフラ。夢がたくさんありすぎるのでございます。
そんな多夢タムがお送りするのは、企画専門のギャラリー「アートスペース油亀」のドタバタ劇。ひとつの展覧会ができるまでの舞台裏。スタッフがこっそりお見せしちゃいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する