--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/03/22 (Sun) たい焼きくん。

子どものころ。
夢にも思っていなかった。
自分を取り巻く世界が、ものすごく狭いものだとは。

大人になって。
様々な人と出会い。
経験を積み。
世界がいかに広く。
自分が「ふつう」だと思っていたことが、実は「ふつう」じゃなかったり。
一方、自分が「変わっている」と劣等感を抱いていたことが。
実は、ある世界では羨ましがられたり。

そう。
とにかく世界は広いのだ。
日本だって、狭い島国というけれど。
十分広い。
多種多様な食文化。
一生かかっても食べきれるかどうか・・。

だからというわけではないですが。
ここに白状しましょう。
世の中に、スタッフAと同じような人。
いると思います。

私は、たい焼きを食べたことがありません!

え。
そんな人いるのか?
本当に日本人か??

代表のつっこみが入ってきそうですが。
仕方ない。
食べたことがないんだから。
そもそも。
どこへ行けば、食べられるのでしょうか・・・・。

こんな体だから。
某人気刑事ドラマ。
まだテレビをよく見ていた頃のこと。
トリックにたい焼きがでてきても。
イマイチ、ピンとこなかった。
そのたい焼きトリックが実現できるのか?
調べようとしたけれど。
たい焼きを買える場所がわからなくて、断念。

そのくせ。
たい焼きには「養殖」と「天然物」があると知って。
マニアックなたい焼きファン向けの本を、ちゃっかり読んでみたり。
でも、現物を食べたことがないから、頭に入ってこないのであった。

ああ、たい焼きよ。
いつか食べることはできるのだろうか?
その日がくるまでは。

今回の展覧会。
初日であっという間に、完売。
本日、ついに再入荷。
新たに焼きあがったたい焼きくんの豆皿で。
たい焼きに想いを馳せよう。

須賀文子さんの豆皿。
たい焼きくん、満を持しての登場です!



たいやきくん2015須賀さん
焼き具合はお好みで。

アートスペース油亀企画展
「豆皿だけのうつわ展」
3月29日(日)までです。
詳細はこちらへどうぞ。

スポンサーサイト

須賀文子 |


| TOP |

プロフィール

油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)

Author:油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)
油亀一、いや日本一の気まぐれ?油亀代表をふりまわす、スタッフAこと多夢タム。ローカルなアダ名過ぎて、ほとんど呼んでくれないのが悩みのタネ。興味があることが多すぎて、あっちにこっちにフラフラ。夢がたくさんありすぎるのでございます。
そんな多夢タムがお送りするのは、企画専門のギャラリー「アートスペース油亀」のドタバタ劇。ひとつの展覧会ができるまでの舞台裏。スタッフがこっそりお見せしちゃいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する