--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/11/14 (Fri) お米と辛子明太子と土鍋と。

新米の美味しい季節。
お米を炊いて。
白銀に輝くお米を、ペロリ。
辛子明太子で食べる、至福の時。
この季節だけは、米を炊くのにあれを使う。

ズバリ!

鍋。

みなさま。
鍋でお米を炊いたことがありますでしょうか。
あの味。
今まで食してきたお米と同じものなのか。
鍋でたくと、なぜかくも美味なのか。
火か。
火の力か。
初めて鍋で炊いたときの、あの衝撃。
忘れられない。
忘れられないゆえに。
年に何回か。
とりわけ、新米の季節は鍋で米炊き。

そんなに美味しいなら。
毎日、鍋で炊きなさいよと。
思われる方もいるでしょう。

しかし。
朝に超絶的に弱く。
夜は時計の針が明日を指すことも多い。

毎日毎日。
お鍋でご飯を炊けない。
保温とタイマーが必須。

でも!
やっぱり、たまらなく美味しい米が食べたいときがある。
数少ない贅沢の一つとして。
新米の季節は、特にせっせと鍋で米炊き。

ここまで、熱い熱い鍋と米トークをしたからには。
おわかりでしょう。
今回の展覧会。
「うつわも冬支度」でも、お米を炊くために。
素晴らしい鍋がお目見えしております。




鍋でごはんをたきましょう
辛子明太子もいいけれど。
お気に入りの高級塩で、塩むすびもしてみたい。
いろんな欲望をかきたてる鍋でございます。

アートスペース油亀企画展。
「うつわも冬支度」は、いよいよ明日から。
詳細はこちらへどうぞ。

スポンサーサイト

うつわのこと |


2014/09/17 (Wed) パンパンパンダのパンダさん。

日本でパンダを見れる場所。
岡山から一番近いのは、神戸。
あれは、二年か三年前。
どういうわけでそうなったのか。

広島の陶芸家の岡美希さんと。
岡さんの義姉さんと甥子さんと。
さらに、岡さんの友達と。
神戸珍道中。

スペイン料理とパンダを楽しむツアー。
行ったはいいものの。
なんとなんと、パンダには出会えずじまい。
動物園の前までいったけど。
お休み・・・・。
いつの日か。
この眼にパンダを焼き付けることができるだろうか。

若かりし頃。
中国までパンダを見に行ったのに。
檻の修理中。
ほそいほそい、隙間から。
チラッとしか見れなかった。
あれは、ノーカウントにしています。
ああ、会いたい、パンダさん。

でもね、いいんです。
実物のパンダは、意外に肉食。
離れてるからこそ、かわいく思えるもの。
キャラクターだからこそ、ものすごく癒される。
お家に、このパンダさんがいれば、心が満たされる。
いでよ、パンダさーん。



パンダさん八田亨2014

こんなかわいいパンダさん。
めったにおめにかかれません。
実物と同じく、希少です。

アートスペース油亀企画展「絵のあるうつわーwhich is your favriteー」
28日(日)までです。
詳細はこちらへどうぞ。


うつわのこと |


2014/08/21 (Thu) これがツチノミだ!

好物。
それはワイン。
赤も白も大好物。

ワインといえば、その原料は葡萄です。
たわわに実る葡萄たち。
美味しいワインのために、人はぶどうを育てます。
雨の日も風の日も。
そう、最高のワインのために!

一方。
うつわの世界に眼を向けますと・・・。
土がなければ、うつわは出来ぬ。
土に手をいれ、時にはブレンド。
うつわのために、土を作りあげる。
そう、最高のうつわのために!

土は陶芸家の手を経て、うつわになる。
まさに、うつわは土の果実なのだ。

とまあ、このような思いのもと。
次回は「土」とうつわに着目した展覧会が始まります。
一体、どんなうつわが集合するのか?
興味津々な方もいるやもしれません。
そこで。
本日はちらっとお見せいたします♪

ツチノミさん、いらっしゃーい!



ツチノミ一挙大集合!2014
土の個性をどんと焼き上げたうつわたち。

来週から、土とうつわについて、いろいろご紹介する予定です☆
お楽しみに〜

アートスペース油亀特別企画展
「ツチノミ -うつわは土の果実-」
8月30日(土)から開催いたします!
詳細はこちらへどうぞ。


うつわのこと |


2014/08/18 (Mon) 下半期、始動!

お盆休み、夏休み。
無事に日程、終えまして。
スタッフたちは、再び、油亀に戻る。

晩夏とはまだ言えぬ。
今日も暑いね。
でも、去年よりは暑くないね。
そのようなことを申しながら。
仕事始め。

夏休み。
何をしていたかというと。
映画三本立て。
るろうに剣心。
パガニーニ。
人生はマラソンだ。

さらには、読書三昧。
戦国漫画を大人買い。
司馬遼太郎の世界に耽溺。

トドメは、友人たちと。
お寿司だ、コーヒーだ!
地ビールだ、スペイン料理だ!!
美食でお腹をみたす。

このような極楽世界から。
再び、油亀に戻り。
日々ストイックに、仕事に励むことができるのか?
お休みの終わりが近づくにつれて。
アンニュイ。
ああ、休みよもっと続けと。
神様にお願いしても、聞き届けてくれることもない。

さあ、またバカンスのために、がんばるぞっと。
気合を入れております。

次回の展覧会にむけて。
本日より、始動しております。
「ツチノミ -うつわは土の果実-」は8月30日(土)から!
今日は、DM裏面その1をご紹介いたしましょう。



ツチノミDM裏メン2014作家紹介
タイトルから想像するとおり・・・
今回のコンセプトは、ずばり!
うつわの源、土。

同じ国の土でも。
その土地それぞれ、土の味わい、個性がある。
土と向き合い、土の魅力をどどんと。
うつわに焼きあげる。
そんな陶芸家のみなさまのうつわたち。
一挙大集合!

土からうつわへ。
手塩にかけて、育てる人がいる。

油亀が満を持して、お送りいたします。
「ツチノミ -うつわは土の果実-」
8月30日(土)から開催いたします!
詳細はこちらへどうぞ。

うつわのこと |


2014/07/28 (Mon) 次回はこちら!

先日のとろけるような暑さの中。
スタッフが大阪へ行っておりました。
ジリジリと太陽が照りつける。
そう言いたいところですが・・・。
ジリジリを通り越して、ヒリヒリ。
しまいには、ヒリヒリを通り越した、体が溶けそう。
ああ、早くこい、夏休み!

油亀の面々が夏休みを迎えるその日まで。
あと二週間あまり。
計画をたてては、ほくそ笑む日々でございます。

だが、しかし。
スタッフAは計画を立てている時が、ピーク!
旅行に行きたいとき。
その場で決断して、ふらっと行かないと。
計画しているうちに、飽きてしまう。
一言でいえば、気持ちが持続しない飽き性な性分。

ただ、その分。
何年かに一回。
びっくりするぐらいの熱量で、これをやりたい!
やならないと、生きていけないい!!
その為に生まれてきたんだ!!!
かような大きな波がくることがある。

次回の展覧会。
そんな数年おきのビッグウェーブが、スタッフAに起こったゆえに。
企画した展覧会でございます。
もうすぐDMが到着しますが、その前に。
DMに使った写真をちらりとご紹介!



ツチノミ みつきくん
モデルの男の子が、豆皿をもって微笑んでいるの図。

果たして、どんな展覧会になるのか?
DMの完成をお楽しみに〜

うつわのこと |


| TOP | next >>

プロフィール

油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)

Author:油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)
油亀一、いや日本一の気まぐれ?油亀代表をふりまわす、スタッフAこと多夢タム。ローカルなアダ名過ぎて、ほとんど呼んでくれないのが悩みのタネ。興味があることが多すぎて、あっちにこっちにフラフラ。夢がたくさんありすぎるのでございます。
そんな多夢タムがお送りするのは、企画専門のギャラリー「アートスペース油亀」のドタバタ劇。ひとつの展覧会ができるまでの舞台裏。スタッフがこっそりお見せしちゃいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する