--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/10/18 (Sun) メルマガ始動!

えー。
ブログ担当スタッフが、引退してからというもの。
いったい、どんなカタチで油亀の情報を発信していけばいいのかと。
途方にくれておりましたが。

この度。
メルマガ制にして、ブログ復活!
メルマガだからこそお届け出来る裏話を、定期的にお送りしたいと思います☆

もし、油亀のブログ愛読者のみなさまのなかで。
メルマガ読んでみたいぞ−!
そんな方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひ。
メルマガ登録していただけると嬉しいです。


登録はこちらから☆
https://aburakame.ocnk.net/register

みなさま。
どうぞよろしくお願いいたします!

スポンサーサイト

亀の壷 |


2015/03/31 (Tue) 閉幕。

明日から、4月です。
桜も咲いて、入学式にはもってこい。
新たなるスタートを、桜がお祝いしているかのように。
岡山でも、続々と開花しております。

怒涛の3月を終えて。
ちょっぴりと、昔のことを振り返る。
3月といえば、卒業シーズン。
卒業式のことはほとんど覚えていないけれど。
中学生のとき。
式のBGMがMy Way だったことは、はっきりと記憶に残っている。

だって、これから門出だよ?
なのになぜ、人生の終わりの音楽なんだろう。
ブラックジョークか?
まあ、もともとのフランス版の歌詞は、全然違うけれど…
でも、この場面で流れるんだから、シナトラ版を意識しているんだろうなぁ。
当時、なぜかフランク・シナトラにはまっていた女子中学生は、このBGMを聞いて。
学び舎を去ったのであった

さて。
シナトラ版の歌詞に基づいて。
ちょっと、油亀での出来事を振り返ってみよう。
主にこのブログについて。
My Wayを脳内リフレイン。
替え歌開始!



終わりのとき。
いよいよこの時がきた。
言う時がきたのだ。
読んでくれた、すべての人へ。
自信を持って告げることができる。
精一杯、書いてきた。
どんなことを書けばいいのか、迷いながらも。
一歩先を目指して、ブログを書き続けた。

後悔もちょっぴりある。
これは書かないほうがよかったかなと。
でも、一番伝えたいことは伝えられた。
油亀が持つ空気感、なんでも言い合える代表のこと。
自分が書きたいと思ったことを、文字にしつづけて、ようやく、今がある。
もっともっと、油亀のことを伝えたくて、自分なりのやり方で試行錯誤した。

それも、今日終わるのだ。
自分の力をぶつけきったか?
ああ、ぶつけきったさ。
どんな時でも、楽しいブログを書きたかった。
ブログをみて油亀にきたよと、言ってくれた人もいた。
その言葉が、どんなに嬉しかったか、それは私だけが知っている。

悩んだ、悩むばかりだった、でも書かずにはいられなかった。
油亀でブログを書き続けて、いろんな宝物を手に入れた。
涙はでない。宝物で心がいっぱいだから。
私が書いてきたブログを読み返す。
やっぱり、自信を持って言える。
「迷うこともあったけど、自分の信じることを書いてきて良かったと。」

油亀で何をすればいいのか、何を得ることができたのか。
ブログに書き綴った日々を読んで、今なら言える。
代表にさんざん迷惑かけてたなぁ。
よくぞ、この自由人にブログを任せてくれた、本当にありがとう。
油亀ジャーナルは、油亀の歴史の一部になれただろうか。
私が油亀で成し得たことだと、胸をはっていえる証になっただろうか。


以上。
替え歌終わり!
高らかにうたいあげたぞー!!!

というわけで、油亀ジャーナル。
本日を持ちまして、終了です。

長い間、このブログを読んでくださったみなさま。
本当にありがとうございます。
最近は、代表とスタッフAのバトルが面白いと大評判?
実際の二人を見たくて、やってきましたという方まで(笑)

油亀のブログ、油亀ジャーナルは終了いたしますが。
油亀情報は、FBとインスタグラム。
もちろん、HPでも随時発信してまいります。

そして。
油亀ジャーナルに変わる、新しいブログを作成予定。
始動はまだ未定ですが…

岡山の桜も満開が近ずいてきました。
来年も再来年も、いやずっと。
桜が咲き誇る姿を、油亀ファミリーが観ることができますように。



さくらさいて、新たなるスタート

あ、ちなみに。
桜ももちろん大好きですけど。
蓮の花が特に好きで、いつの日か。
油亀で蓮栽培が出来たらいいなぁ。

そんなことを思いつつ。
油亀ジャーナル。
これにて、閉幕。

亀の壷 |


2015/03/29 (Sun) 貴重種

すっかりとご報告が遅くなりましたが。
先日。
代表はラジオに生出演。
油亀からの生中継。

最近。
どんどん、メディア出演も板についてきた。
うん、貫禄がでてきた。
トレードマークのマッシュヘアーも。
最初は、思わず拒否してしまったけれど。
慣れというのは、恐ろしいもので。
今では、ぜんぜん気にならなくなりました。

ただ。
スタッフたちは、ほぼ毎日みるから慣れているだけで。
久方ぶりに来られたお客さまとか。
一年ぶりに会う作り手の方とか。
びっくりすることも、しばしば。

マッシュ男子。
いや、もう「子」ではないな。
マッシュ男(オトコ)といえば、油亀の彼だ!

そう言われるくらい。
これかららも頑張っていってほしいと。
豆皿展、最終日。
しみじみと思うのでした。



代表ラジオ2015豆皿
もう、この髪型以外は考えられない・・・。

アートスペース油亀。
オープンして八年目。
毎年毎年。
激動の日々。
大波小波にのまれそうになりながらも。
なんとか乗り切ることが出来た。
スタッフみんなのおかげです!
なんて。
代表にちらりとでもいいので。
言って欲しい。

スタッフAは、ばーんとはっきり言っちゃうので。
その旨、お伝えしたところ。

代表:いや、オレって不器用やん。

スタッフA:そういうセリフは、高倉健さんしかいっちゃだめ!

代表:誰、それ?

スタッフA:・・・・絶句。

健さん主演。
金田一耕助ドラマのDVDまで持っているスタッフA。
健さんを知らない人に初めて会いました。
代表は貴重種です。

アートスペース油亀企画展
「豆皿だけのうつわ展」は本日最終日。
詳細はこちらへどうぞ。

亀の壷 |


2015/03/28 (Sat) 音楽室の情景。

薄々とわかっていると思う。
今まで、このブログを読んでくださったみなさまは。
スタッフAが恐ろしいほどの不器用だということを。
ちなみに。
ライターやマッチの付け方は、代表に教えてもらいました。

なんでつけれんのや〜

しらんわ、言うとおりやってもつかんのじゃわ!

そんなやりとりをすること、数百回。

今では、ライターもマッチもつけることが出来ます。
なんとか・・・・。

なので。
楽器の類ももちろん、苦手です。
いやだった音楽の時間。
ハーモニカ、オルガン、ピアニカ、木琴、鉄琴。
歌も音痴だし、ろくな想い出がありません。
そのくせ、聴くのは好きで。
ショパンばっかりいている。
その事実を知ったとき、代表はふふんと鼻で笑った。
クラシック〜!!!
Aさんが??
ジャニーズじゃないの。
ほら、なんとかなんとかっていうやつ!
代表、一文字もかすってないよ・・・。

しかしだ。
代表もドビュッシーを聴いていたことがある。
あれは、事件だった。
一大事件。

いつもは、よくわからん。
私に言わせればへにゃほにゃりんミュージック。
つまり。
代表とスタッフAが同じ部屋で仕事をするとき。
BGMをめぐって争いが勃発することしばしば。
最近では、かけないことが暗黙の了解となったけれど。
昔は、本気で覇権争いをしていたのであった。

とまあ、がっつり話がそれましたが。
スタッフAは、音楽の成績が非常に悪かった。
五段階で二。
かろうじて一は免れていた。
思い返せば、一で当然なんだけれど。
先生、ありがとうございます。

当時、一番苦戦したのがアコーディオン。
あれをスイスイ弾きこなしている同級生が眩しかった。
同じ人間なのか?
なぜ、私は出来ないんだ?
ここでへこんで練習すれば、せめて三ぐらいもらえたのだろうか。
諦めが猛烈に早い自分は、練習はもちろんしないで。
音楽の時間は、同級生が奏でるメロディを子守唄がわりに眠っていたのであった。
そんな甘ずっぱい想い出を、呼び覚ましたアコーディオン。
絶賛ご予約受付中。



アコーディオンの豆皿
三浦圭司さん作、アコーディオン豆皿。

小学校の頃。
音楽室の情景が浮かび上がってきました。
名前はすっかり忘れちゃったけど。
あの女の子。
アコーディオン、上手だったなぁ。

アートスペース油亀企画展
「豆皿だけのうつわ展」
いよいよ明日まで。
詳細はこちらへどうぞ。

三浦圭司 |


2015/03/27 (Fri) 完売御礼。

かるた。
お正月の風物詩。
それを豆皿にしちゃった、タナベヨシミさん。

おかげさまで。
続々と油亀から巣立ちました。
もし、残ってしまったらスタッフお買い上げだと。
目論んでいた「レオニード」も。
先日、めでたく素敵な方へ。

ああ、レオニード。
もう出会えないだろうけれど。
私の胸にはいつまでも。
君の分厚い帽子が刻まれているだろう。

一つの言葉から。
様々な可能性をみせてくれたタナベさん。
他には、どんなのがあったのですかと。
いろいろな方からご質問いただいたので。
他の作品も一挙公開。
すべて完売御礼でございます♪



いろはかるた完売御礼。
ここにのってないのもありますが。
それらもまた、完売御礼♪

個人的には、ドラえもんファンとして「た」を。
そして、仏像ファンとして「な」を。
やはり鉄の掟を破って買っておくべきだったかと。
ちょっと、後悔。

いやいや。
いつでも、お客さまに一番にご覧いただかなくては!!!

豆皿だけのうつわ展も、いよいよラスト目前。
明日と明後日で、終了です。
しかーし!
今日は、安江かえでさんの豆皿が入荷!
明日も、ついにあの方の豆皿が?
最後まで見逃せない。
それが、油亀の展覧会!

スタッフもヘロヘロリンですが。
悟空さながら。
お客さまから「元気」をたくさんもらって。
おっきな元気玉パワーで、最後の二日間。
がんばりたいと思います!
えい、えい、おー!!!!

アートスペース油亀企画展
「豆皿だけのうつわ展」は3月29日まで。
詳細はこちらへどうぞ。


タナベヨシミ |


| TOP | next >>

プロフィール

油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)

Author:油亀のスタッフ(ニックネーム多夢タム)
油亀一、いや日本一の気まぐれ?油亀代表をふりまわす、スタッフAこと多夢タム。ローカルなアダ名過ぎて、ほとんど呼んでくれないのが悩みのタネ。興味があることが多すぎて、あっちにこっちにフラフラ。夢がたくさんありすぎるのでございます。
そんな多夢タムがお送りするのは、企画専門のギャラリー「アートスペース油亀」のドタバタ劇。ひとつの展覧会ができるまでの舞台裏。スタッフがこっそりお見せしちゃいます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する